たっぷり収納の家

Storage Space

家族みんなが気持ちよくゆとりのある生活を送るためには、収納スペースを多く確保することです。

収納が多いと片付けがスムーズになりいつも部屋がキレイになります。

 ① 便利な玄関収納・シューズクローク

玄関は内と外をつなぐ場所です。玄関脇の収納スペースが広いと、靴や傘以外にゴルフバッグや自転車、庭のお手入れ道具など様々なものが収納できとても便利です。

 ② ウォークインクローゼット

部屋タイプのクローゼットにするとかさばる家具や衣類などをたっぷり収納できます。お部屋が片付き快適に過ごせます。

 ③ 共用の収納庫

共用の収納が家の中のあちこちにあると、様々なものが収納できてとても便利です。季節のものや普段使わないもの、掃除機など誰でもすぐに取り出せるので便利です。

 ④ 小屋裏収納庫

小屋裏の収納部屋は日常生活スペースを使用せず、収納力をより多く増やせます。大きな荷物も収納でき、又、窓があると換気もでき、チョットした書斎やフリースペースとしても利用できます。

間取り例

❖個別収納+共用収納で充実の暮らし

玄関土間収納、キッチンパントリー、ウォークインクローゼット、共用の納戸、小屋裏収納と十分な収納で生活が便利で使いやすい家になります。

1階

玄関土間部分を広くし自転車やゴルフバッグ等も置けます。シューズクロークはもちろんのこと、物置として使える様に出入口を設けています。又、ホールと玄関の2方向からアクセスできます。キッチンにはパントリーがありますので、家事にも優しい収納となってます。

2階

ウォークインクローゼットは衣類の他、かさばる物や家具なども収納でき、部屋が片付いて、快適に暮らせます。共用の納戸は季節もの(雛人形、五月人形、クリスマスツリー)や普段使わないものなどが収納できるので便利です。

3階

小屋裏のスペースを有効利用することで、1・2階のスペースを狭める事なく十分な収納を確保できます。大きな荷物も収納でき、階段を作る事でいつでも出し入れできます。窓を設置して光を取り入れる事で明るくなり、チョットしたフリースペースとして活用することもできます。